ねじ山日記 北中米ねじの旅 メキシコ編 2022年9月24日~10月16日
スタッフブログ
  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. ねじ山日記 北中米ねじの旅 メキシコ編 2022年9月24日~10月16日

ねじ山日記 北中米ねじの旅 メキシコ編 2022年9月24日~10月16日

なんでねじでメキシコ?!

私たち阪神ネジは、お客様が全くいないというのにメキシコという国、市場に非常に興味を持っておりました。そんな時にたまたま運命的なご縁もあり、これもたまたま非常に大きな展示会に参加できることになりメキシコに行くことになりました。

 

運命的なご縁というのは、こんな感じでした。大変お世話になっているお客様のところにご挨拶に行ったとき「けんちゃん(私)、やりたいことあったらやらなあかんで!10年なんてあっという間やぞ。俺で出来ることは協力するで」というお話をいただきました。私も厚かましいタイプなので「今、メキシコに興味持ってるんです~」と話しましたら、「たまたまメキシコから現地の社長が大阪に帰ってきてるで紹介したるわ!」と言って紹介していただいた社長が、これまた偶然大学の先輩でした!こんなことある?!これは運命や、行くしかないということで行くことになったのです(笑) 笑い話かもしれませんが、こういうご縁で今まで生きてきたので非常に大事なことかと思います。

 

メキシコは、自動車産業を中心とした産業構造を持つ国でタイとよく似ているのではないかと思っていました。もちろん、日系企業数からして規模感やすそ野はタイよりも小さい、また業種のバラエティも少ないと感じていました。ただ、ねじについて後進国であることは間違いなくモノづくりされている方々に私たちが何かお役に立つことが必ずあるのではないかという確固たる思いもありました。私たちの経営理念は、「世界のモノづくりに貢献する」というものです。ねじの供給を通して世界のモノづくりが良くなり、社会に貢献出来たらよいなと考えています。

展示会出展

今回出展した展示会は、ドイツのハノーバーメッセのメキシコ版でITM2022です。この展示会のテーマは次世代技術(IT、環境など)でしたので「ねじ」というのはお門違い甚だしいのでは?と危惧しておりました。実際には、工業系の出展者が多く、また来場者の方々も製造業がかなり多かったように思います。弊社ブースへもひっきりなしに多くのお客様が来てくださいました。もちろん私はスペイン語が出来ませんので、通訳のJoseさんが一生懸命対応してくれました。「これいくらするの?」「メトリックのねじの調達で困る時がある」「ばねもやってるのか?」「この材質は何だ」など様々な質問をいただきました。アメリカの影響が強くインチサイズのねじの使用が多いメキシコなので、どこまで対応できるかは分かりませんが、予想していた通りねじや資材の調達でのお困りごとは多くあるのだと感じました。

グファナファト州知事がJETROブースにお見えになりました。私もミーハーにも握手してもらいました(笑)

 

素晴らしい出会いがいっぱいでした!

今回のメキシコ滞在で何が一番良かったかと聞かれたら間違いなく「出会った人々」と答えます。大学の先輩のメキシコ支社長には、通訳の方を探してくれたり、ご飯に付き合ってくれたり、人を紹介してくれたり、あげればキリがないほどお世話になりました。日本、タイでご紹介していただき訪問させて頂いたお客様、展示会で同じJETROさんブースで知り合った方々、JETROの方々、また今回領事のご厚意で領事公邸に呼んでいただき会食させていただきました。普通では知り合えない素晴らしい方々とお会いすることができ、皆さん口をそろえて「メキシコで待ってるで」と言っていただきました。誠にありがたいことです。

そして、出会ったメキシコ人の方々が本当にいいひと達ばかりでした。通訳のJoseさんは、何度か説明しているうちに阪神ネジで5年ほど働いていたんちゃうか?と思うほどお客様にねじのことを熱心に説明してくれました。また、仕事以外のメキシコの文化や食事、言葉についてもたくさん話してくれました。ブースに来ていただいたお客様も本当に熱心に話を聞いてくれ、すぐに深い話をすることができました、なんとなくですが非常に日本人とフィーリングが合うように感じました。ホテルの方もスペイン語が分からない私にも一生懸命説明してくれました、スーパーで何買おうか悩んでたらイチイチ声をかけてくれて美味しい鶏を紹介してくれたおじさん、メキシコ料理屋の店長皆さん本当にいいひとたちでした。メキシコ人の方々と仕事をすることは日本人と合うのではないかな?と感じました。

メキシコという国について

最後はメキシコについて書きたいと思います。メキシコと言えば「怖い」「危険」というイメージがあるのではないかと思います。私も行く前にYoutubeなどをチェックし、IPhoneのリンゴマークは隠した方が良い、財布は二つ持て、ガソリンスタンドには行くなとかどんな国やねんという怖い情報だけを持っていきましたが、行ってみた感想は、「時と場所を選べば何にも問題ない」ということです。暗くなってから夜道をひとりで歩くとか、危ない場所に行ってみるとかをすれば危険性が高いように思いますが、普通に生活している分では危険だなと思った場面は今回一度もありませんでした。それよりも、めちゃくちゃ優しい人たちがたくさんいて、高原のダイナミックな景色、歴史情緒ある街並み、本当に素晴らしい国だと思いました。また近々メキシコに行きたいと思います!

ケレタロの街並みです。

ご拝読いただきまして、ありがとうございました。

何か皆さまのお役に立てたら嬉しく思います!

前後の記事

カタログダウンロード
CONTACT お問い合わせ

お見積り・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。