JIS ファスナーの可能性 : 規格、用途、世界貿易ガイド

819 ビューアー  | 

jis banner

    ねじは、2 つ以上の物体を取り付ける装置です。これらは建設、自動車、航空宇宙、エレクトロニクス、医療などあらゆる産業でのシーンに不可欠な存在です。しかしながらすべてのねじが同じ規格とは限りません。国や地域が異なると、DIN、ISO、ASME、ANSI などの規格が異なり、サイズ、形状、材質、用途などのねじ仕様も異なります。ねじで最も使用され、認知されている規格の 1ひとつは、日本工業規格 (JIS) です。


JIS規格ねじとは?


    JIS規格のねじとは、1945年頃に日本規格協会(JSA)によって制定・維持されたJIS規格に準拠したねじのことです。JIS規格は、用語、寸法、公差、材質、表面処理、試験方法、品質管理など、ファスナーに関するさまざまな側面をカバーしています。 JIS規格は、ねじの品質、安全性、信頼性を確保し、日本と諸外国との間のファスナーの貿易や交換を促進することを目的としています。



    JIS規格のねじは、ボルト、ねじ、ナット、ワッシャー、リベット、ピン、クリップ、ステープルなどのさまざまな種類のファスナーが含まれます。 JIS では、JIS B 1176 のように文字と数字で表されます。文字は、A は土木・建築、B は機械工学、F は造船などの応用分野を示し、番号はメートルキャップボルトの JIS B1176 など、適用分野内の特定の規格を示しています。


なぜJIS規格ねじは重要なのか?


JIS 規格ねじが重要なのは以下のような理由からです。

• JIS 規格ねじは多くの日本の機械や製品と互換性があり、世界中に広く輸出されています。例えば、日本製の工作機械、電気製品、自動車の多くは、組み立てやメンテナンスの際にJIS規格ねじを必要とします。

    JIS ファスナーを使用することで、これらの機械や製品の適切なフィット感と機能が保証され、互換性のないファスナーによって引き起こされる損傷や不具合を回避できます。


・JIS規格ねじは高品質の素材を使用し、厳格な品質管理を行っているため、信頼性と耐久性に優れ、圧力、温度、腐食、振動などのさまざまな条件や環境に耐えるように設計されています。RoHS、REACH、MSDS などの JIS 規格への準拠を証明する証明書とレポートもあります。

JIS規格ねじを使用すると、締結システムの性能、安全性、信頼性を確保することができます。


• JIS 規格ねじは、さまざまなニーズや好みに合わせてサイズ、形状、材質が用意されているため、多用途での使用する事ができます。 JIS 規格ねじは、スリムヘッドファスナー、ワッシャー組込みねじ、スプリングワッシャー組込み製品、六角穴付きねじなど、特定の要件や課題に合わせてカスタマイズまたは変更することも可能です。


お客様のアプリケーションとニーズについて可能な限りの情報を理解し、収集することで正しいねじを確実に提供できます。

    一部の JIS 規格ねじは、寸法制限が問題にならない場合に限りISO および DINねじと互換性があります。用途に適したねじを見つけるのは難しい場合があるため、同等の規格を検討することが現実的な選択肢となる可能性があります。


どのようにJIS規格ねじを手配するのか?



    あらゆる種類やさまざまな用途向けの JIS規格ねじをお探しの場合は、幅広い JIS 規格ねじを国内外問わず迅速に配送できる、信頼できる供給元を探す必要があります。

    もちろん、日本にあるねじ取扱い会社のほとんどはJIS規格ねじを販売していますが、書類や交渉の面で海外貿易を取り扱っていない、海外への販売実績がない、さらには言語などの理由で海外へ出荷ができない会社もあります。

阪神ネジではあらゆるJIS規格ねじを取り扱っております。海外への発送も可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

阪神ネジ株式会社
海外営業部
 シリラート・ナタポン