DIN または ISO ファスナーの代わりに JIS ファスナーを使えるか?

394 ビューアー  | 

JIS DIN ISO fasteners banner

    ファスナー業界には、JIS、DIN、ISO、ASTM、SAE、BSなどの規格があり、業界関係でない人にとっては、この問題は難しいと感じるのではないでしょうか。

    ファスナー業界には、JIS、DIN、ISO、ASTM、SAE、BSなどの規格があり、業界関係でない人にとっては、この問題は難しいと感じるのではないでしょうか。

    日本および世界にある日系企業では、ほとんどがJISファスナーを使用しています。 JIS は 19 世紀半ばにJSA(日本規格協会)によって発行され、時代とともに発展を続けています。

    世界へ向けての弊社のねじ事業においても、JIS規格以外の規格の引き合いやサンプル製作依頼をいただくこともあります。この場合、どうすればいいでしょうか?

これらの標準について聞いたことがない人は、この状況に対処するのがどれほど複雑であるかを考えるかもしれません。

この問題に関して良いニュースがあります!

JIS、DIN、ISO ねじには、大きな共通点があります。それは、すべてメートル規格のねじであるということです。



 
    JIS、DIN、ISO ファスナーは同じ測定規格を使用なので、おおまかに言って相互にねじを締結することができますが、適用する前に直径とねじピッチが同じであるかどうかを確認する必要があります。

では、なぜいくつもの規格があり、私たちを混乱させるのでしょう。

    つまり、ファスナーの規格は、各国や地域の製造業に合わせて決められており、メートル法もJIS、DIN、ISO規格に共通する測定システムの1つですが、その寸法、公差、検査方法は異なります。様々な世界中の企業がビジネスを行っている特定の工業国では、いくつかの規格ねじを見ることができます。


 
これについてさらに詳しく説明すると…

ケース1)各規格のねじ寸法がほぼ同一の場合

    例えば; DIN/ISO規格のソケットキャップスクリューM10x50のお問い合わせまたはサンプルを頂いた場合、まず、お客様のご要望の規格と当社の規格を比較して確認します。

次に、お客様が仕様について不明な場合(サンプルを入手した場合)、ピッチゲージと同じ測定単位であるかどうか確認します。 そこから仕様を比較していきます。

またDIN規格のソケットキャップスクリューについてDIN912お電話、メール、FAXでお問い合わせをいただいた場合はどうでしょうか。

幸いなことに、このねじも ISO 4762 と同じ寸法ですがJIS はでしょうか。

都合の良いことに、JIS B-1176 も共通しています。



    JIS B-1176 ソケットキャップスクリューをお客様にご提案する際には、規格の違いを備考欄に記載させて頂きますので、ご注文される前に再度ご確認下さい。

 
ケース2) 各規格間でその他の仕様が異なる場合

六角ボルト(半ねじ)M10×50はどうでしょうか?

この製品は、DIN931、ISO 4014、JIS B-1180 などのいくつかの規格でも利用可能です。

実際、これらはすべてメートルねじです。 メートル法の事前タップ穴に問題なく固定できますが、規格ごとに寸法が異なります。

これらの標準には 3 つの大きな違いがあります。

1. 六角頭幅

    a. ISO 4014 = 16mm

    b. DIN931およびJIS B-1180 = 17mm

DIN と JIS は六角頭の幅が共通であることがわかりますが、この寸法はどのような意味を持つのでしょうか?

    1.1 狭い設置場所で六角頭の幅が気になるスペースの問題

    1.2 工具の制限。スパナまたは六角ソケットにはいくつかのサイズがあり、16mm と 17mm では異なる工具が必要です。 そのサイズのものを持っていない場合、それを入手するには追加料金がかかる可能性があります。
詳細については、以前のブログをご覧ください。 スパナの番号は何のため?


2. 六角頭の高さ

    a. DIN931 および ISO 4014 = 6.4mm (公差はわずかに異なる)

    b. JIS B-1180=7mm

2.1 この違いは小さいかもしれませんが、スペースに敏感な領域や固定設計の製品では、これは懸念点の 1 つになる可能性があります。

 
3. 六角頭の首下に段付きの座があるかないか

    a. JIS、ISO/DINの違いが最も分かりやすい部分です。

      i.  JISには段付きの座がありません

      ii. ISO/DIN には段付きの座が付いています

3.1 ラジアスリングにより繰返し荷重(引っ張り、放しを継続した状態での繰り返し力)に対する耐性が向上します。

 

半ねじのねじ長さの目安

    -          JIS/ISO/Dinはねじ長さの規格が同じですので問題ありません。

  スレッドの長さについては、以前のブログを参照してください。 全ねじ、半ねじって?


    ここまで読み進めると、それらが相互に置き換え可能かどうかの手がかりが得られる人もいるかもしれません。 私の意見として、この答えは依然として「はい」または「いいえ」の可能性があります。

 

さらに、この問題を 2 つのケースに分けて説明します。

    1.  他の寸法が用途に関係なく、ねじサイズのみであれば、JIS/ISO/DINは相互に置き換え可能です。

    例えば;、機械のメンテナンスサービスを行っている長太郎氏は、日本の顧客から DIN ファスナーを使用しているドイツ製機械の修理のプロジェクトを受けました。 そして、彼の顧客の要求は、可能な限りの修理オプションを使用して、元のように機能できるようにすることだけです。

    この場合、長太郎氏は日本に拠点を置いており、DIN ファスナーの調達は困難ですが、品質に影響を与えず、そのまま使用できる限り、ファスナーの寸法変更についての顧客の要求はそれほど厳しくありませんでした。この状況では JIS ファスナーを交換できます。



 
2. ねじサイズ以外の全部または一部の寸法が用途に関係する場合に、JIS/ISO/DIN は相互に置き換えることができません。

    例えば、長太郎氏は、公差や寸法に非常に敏感な電子機器に皿穴付き皿ねじを適用しています。 1mmごとに。 アプリケーション領域は柔軟性がなく、調整できないため、違いは彼らにとって重要です。

 

今回の内容はいかがでしたか? このブログからJIS/ISO/DIN規格ファスナーの置き換えに役立つ情報を入手し、用途に応じた適切なファスナーを選択していただければ幸いです。

 


 

阪神ネジ株式会社
海外営業部
 シリラート・ナタポン