お盆

80 ビューアー  | 

obon festival banner

外を歩くとあちらこちらで蝉の鳴き声が暑い夏の到来を告げる時期はお盆を思い起こさせます。夏のおおきな行事のひとつにお盆があります。この伝統的な行事は、毎年8月13日から16日の間、亡くなった先祖の霊を祀ります。この期間に、祖先の霊が彼らの領域から私たちの領域に戻ってくると信じられています。

お盆の準備としてキュウリやナスに箸や爪楊枝を使い、馬や牛の姿に見立てた精霊馬などを作ります。この精霊馬は先祖の霊の送迎の乗り物として機能します。キュウリは馬を表し、素早い帰還を表し、ナスは牛を表し、ゆっくりと穏やかな出発を表しています。

 
お盆の初日には、乾燥した麻を皿の上で点火して導きの火と煙を作り、先祖の霊を迎えます。


14 日から 15 日にかけて、家族は先祖の墓を訪れ、墓石を掃除し、花や贈り物を捧げ、祈り、愛する人たちを思い出します。


8 月 16 日の最終日には、祖先の霊を帰還の旅路に導くために再び火が灯されます。京都では、これは五山の送り火という行事によって特徴付けられます。この行事では、山腹に火が焚かれ、大や鳥居などの文字が形成され、霊を元の世界に導きます。この古くから神秘的な伝統は、その壮大な火で日本人だけでなく海外からの観光客も魅了します。


一部の地域では、ランタンを設置して川や海に流し、精霊を空に送ることを象徴しています。お盆の風習は地域や家庭によって大きく異なります。

お盆は、亡くなった大切な人を偲び、悲しみを呼び起こす時期ですが、家族が集まり団欒する貴重な機会でもあります。日本で2番目に長い連休であることから、この長期休暇を「ゴールデンウイーク」と同様に「シルバーウィーク」と呼ぶ人もいます。