六角ナットの興味深いプロセス

416 ビューアー  | 

hex nut banner

六角ナットとは何か? 六角ナットは、一般的な留め具です。 雄ねじと併用するように設計された雌ねじの一種です。 六角ナットは、6 面の形状と中央のねじ穴が特徴で、JIS B-1181、DIN 934、ISO 4032、ASTM A563 など、世界中のさまざまな規格に準拠しています。 製造プロセスはほぼ一貫していますが、寸法や検査プロセスは異なる場合があります。

日本には六角ナット製造業があり、日本全国にいくつかのナットメーカーがあり、それぞれが特定の製品範囲に特化しています。



M3 ~ 12 のナットを大量に生産するのが得意な工場もあれば、少量生産に特化してさまざまなサイズに対応できる工場もあります。

 
一般的な六角ナットがどのように作られているかを以下で確認してみましょう。



1. 材料の準備 :六角ナットを作成するには、まずナットのサイズに適した線材、丸棒または六角棒を準備します。ナットを作る方法によって材料の種類も変わります。冷間圧造であれば線材、熱間鍛造や切削加工であれば六角や丸の棒鋼を使います。

2. 切断 : いずれの場合であってもまずは切断をします。長さは、方法によって変わりますが適当な長さに切断します。

3. 加熱 :熱間鍛造の場合、カットされた材料を特定の温度に加熱して柔らかくし、成形の準備をします。

4. 成形 : 熱間鍛造の場合、加熱されたナットは 2 段階のプレスプロセスを受けます。 まず、上型を使って丸い形状にプレスします。 さらに上型と六角下型でプレスして成形し、穴のない六角ナットが完成します

5. パンチング : パンチングマシンを使用して、六角形ナットに最初の丸いストレート穴を作成します。

6. ねじ切り:ねじタップを使用して、丸いストレート穴にねじを切ります。 ねじ切り加工時には潤滑が必要です。 ショットブラストが必要な場合は、ねじ切りプロセスの前に実行する必要があります。

7. メッキ:お客様のご要望に応じて、六角ナットに黒染めや電気亜鉛メッキなどの特殊メッキ処理を施す場合がございます。
    - メッキが必要ない場合、六角ナットは特殊な処理プロセスを使用して洗浄され、製造上のスクラップが除去されます。

8. 検査 : 品質管理 (QC) 部門は、製品が規格要件 (この場合は JIS) を満たしていることを確認するために熱心に検査し、顧客の満足を保証します。

まとめ: 六角ナットの製造工程は実に興味深い。 このブログ投稿で、単純な金属から重要な留め具に至るまで、六角ナットに関する貴重な情報が得られることを願っています。

 

阪神ネジ株式会社
海外営業部
 シリラート・ナタポン