ハッピーマンデー制度とは?

608 ビューアー  | 

happy monday system ハッピーマンデー制度

ハッピーマンデー システムの歴史

ハッピーマンデー制度

    よく知られているように、日本人は仕事に非常に熱心に取り組み、完璧な結果を目指しますが、その多大な貢献によって、日本は世界の経済先進国に成長しました。一方で、仕事によるストレスが精神や健康に影響を及ぼし体などを壊してしまうケースが多々あり日本政府もこの問題を認識し、1998年にハッピーマンデー制度がスタートし、2000年から正式に適用され、2003年には休日が追加されました。

    このハッピーマンデー制度とは、日本人の長期休暇(土曜~月曜)を奨励するために、特定の日の定休日をその月の月曜日に変更する制度です。この制度の影響を受ける祝日は 4 日あります。

 

1. 成人の日
2000年に発表された1月15日を1月の第2月曜日に変更
 
 
2. 海の日

2003年に発表された7月20日を7月の第3月曜日に変更
 
3. 敬老の日

2003年に発表された9月15日を9月の第3月曜日に変更
 
4. スポーツの日体育の日

2000年に発表された10月10日を10月の第2月曜日に変更
 
 
 
    祝日は各国政府の特別な目的で定められている以外にも、「仕事を休んだり、自分や友人、家族と過ごす時間」という独自の定義が存在します。しっかり働くことは良いことですが、十分な休息を取ることも大切です。

    最後になりますが、皆様のワーク・ライフ・バランスのために、ハッピーマンデーだけでなくハッピーエブリデイを目指して、ゆっくり休んで自分のための時間を作っていただきたいと願っています。