春分の日

474 ビューアー  | 

vernal equinox day 春分の日

     春分の日は、日本の祝日のひとつです。3月20日、または21日ごろのいづれかを一日を春分の日と定めています。2004年は3月20日を春分の日としています。この日以降は昼間が長くなり、夜は短くなります。


 春分の日は、春の訪れを告げる「自然の恵みを思い出し、未来に向かって努力する気持ち」を春の訪れとともに思い起こさせてくれる日です。春の暖かさは花を豊かに咲かせ、葉は緑に、気候は暖かくなります。この清々しさは、新しいことを始めるのに良い時期だと思わせてくれます。この自然現象のおかげで、誰もがこの新鮮さと心地よさを感じることができます。

春の訪れを告げる日

 

また、3月21日は森林資源と森林資源の大切さを人々に認識させる国際森林デーです。 3月21日もまた、自然(土、水、空気、木、海、山)がなければ人間は生きていけない、自然と人の存在を思い出させる日であると言えます。次世代のために持続可能な世界のために、私たちはお互いを豊かにし、救わなければなりません。